けんじのたびにっき

旅先で撮った写真をメインに旅の思い出をを綴っていく

松本

8:30 起床

 

午前中は友人に会い、午後から松本観光。 

 

まず、松本城へ。

 

f:id:kmai1969:20191130204127j:plain

f:id:kmai1969:20191130204219j:plain

 

お城まつり開催中だからか、天守閣へ入場するのに20分もかかるようだ。入場券を買うのに10分くらいかかりそう。

とりあえず、城を一周してみよう。

 

f:id:kmai1969:20191130204321j:plain

f:id:kmai1969:20191130204334j:plain

 

一周して戻ってみると、入場までの時間は40分と倍になっていた。入場券を買う列も、さっきより長くなっている。読みが外れた。天守閣はまたの機会にお預け。

次に、旧開智学校へ行ってみる。

 

f:id:kmai1969:20191130204656j:plain

 

旧開智学校は、9/30に校舎が国宝に指定された。過去に数度、校舎内の見学をした事があるが、国宝指定記念に校舎内も見学していく事に。

入場料 400円

 

f:id:kmai1969:20191130205314j:plain

 

旧開智学校は、和風と洋風の混ざった擬洋風建築

和風・・瓦屋根、唐破風、瑞雲、龍の彫刻
洋風・・塔屋/ガラス、天使の彫刻、バルコニー、コーニス、縦長の窓

 

f:id:kmai1969:20191130205431j:plain

 

一.飲食禁止の飲が消されている。

校舎内、冷房設備がないため、夏の熱中症対策だろうか。見学時間はせいぜい1時間くらいだろうし、我慢してもらえばいいと思うが。

 

f:id:kmai1969:20191130205533j:plain

f:id:kmai1969:20191130205549j:plain

 

わぁ、かわいい椅子と机。一クラス20人くらいだったんだな。

教科書は算数かな。白丸の数で数字を教えるんだな。ぼくの頃はどうだったかな。左上は8時は何をしているかかな。起床、朝食どちらでも正解のような気が。

 

f:id:kmai1969:20191130205745j:plain

 

こちらは、天使の看板。

東京日々新聞の題字が元になっている。明治30年頃、一時建物から姿を消したが、明治38年の移築修理工事で復活した。

再訪問だったが、意外に面白かった。

 

f:id:kmai1969:20191130221522j:plain

 

ちなみに、こちらが現在の開智学校(開智小学校)。

ビーナスライン

f:id:kmai1969:20191128171118j:plain

 

7:30 起床

今日も雲ひとつない快晴。昼食抜きでも大丈夫なように、朝食バイキングをガッツリ食べる。身支度を済ませ、ホテルをチェックアウト。

9:34 ホテル出発

今日は、ビーナスラインを車で走る。少々道に迷うも、何とかビーナスラインに突入できた。天気がいいので、走ってるだけでも気持ちいい。

 

f:id:kmai1969:20191128171259j:plain

f:id:kmai1969:20191128171403j:plain

f:id:kmai1969:20191128171417j:plain

 

途中、車を停めれる場所があれば、停まって写真を撮る。平日だが、ライダーさんが多かった。ビーナスラインのような山岳道路は、バイクで走った方が楽しいたろうな。

 

富士見台に到着。

富士山・アルプスを一望と書かれた看板が立った大きな駐車場。夏に来れば、ニッコウキスゲの群生地も近くにあるようだ。

 

f:id:kmai1969:20191128171638j:plain

f:id:kmai1969:20191128171721j:plain

f:id:kmai1969:20191128171733j:plain

f:id:kmai1969:20191128171744j:plain

 

看板どおり、富士山と北アルプスを見ることが出来た。北アルプスの山々は既に冠雪していた。

11:18 車山肩駐車場到着


車山を登山する

 

f:id:kmai1969:20191128172401j:plain

 

案内板によれば、往復75分。登山というより、ハイキング気分で登れる山かな。それでも、日本百名山

 

f:id:kmai1969:20191128172634j:plain

 

山頂までの道は、だいたい写真のような砂利道。(途中、ゴツゴツした岩が多い箇所もある)道に迷う心配もまずない。初心者でも安心の山。

 

f:id:kmai1969:20191128173148j:plain

f:id:kmai1969:20191128173212j:plain

 

視界を遮る木々もないため、周辺の景色もバッチリ見られる。高度が上がると、高原を蛇行するビーナスラインを一望でき、とても楽しい。

 

12:10 山頂到着

 

f:id:kmai1969:20191128173404j:plain

 

山頂には、気象レーダー観測所や車山神社もある。富士山も見る事ができた。余談だが、車山高原バス停付近からリフト2本乗り継いで山頂手前まで来れるようだ。

13:13 下山完了

楽しかったな。これだけでも十分って感じ。

13:22 車山肩駐車場出発
13:53 ドライブイン霧の駅到着

 

f:id:kmai1969:20191128173923j:plain

f:id:kmai1969:20191128173938j:plain

f:id:kmai1969:20191128174003j:plain

 

この辺りは、ススキの原っぱが広がる。遠目には、まるで薄茶色の絨毯のようで非常に綺麗だ。おススメ時期は10月初旬かな。

 

美ヶ原までは、まだ20km以上ある。行ったとしても、時間が不十分で観光はあまり出来ないだろう。ということで、八島湿原経由で松本へ向かうことに。

14:20 ドライブイン霧の駅出発

八島湿原は駐車場まで行くも、場所が分からず断念。後で調べたら、ビーナスラインを挟んで、駐車場の反対側だった。その場でgoogleマップ見ればよかった、、(´-ω-`)

横谷峡

今日は文句ない晴れ。

 

ホテルから妙高山を見ると、雲はかかっていない。いもり池に寄ってから、高速を利用して、諏訪経由で蓼科高原へ向かう。

 

12:25 諏訪湖SA到着

 

f:id:kmai1969:20191126210623j:plain

 

サービスエリアからは、諏訪湖が一望出来る。絶好の撮影ポイントかもしれない。スターバックス、温泉、ドッグラン等の施設も充実している。

12:42 諏訪湖SA出発
13:20 横谷峡到着

 

f:id:kmai1969:20191126211016j:plain

 

蓼科中央高原観光協会へ行って情報収集。

・遊歩道を端から端まで歩くと、片道1時間半くらい
・御射鹿池、横谷観音付近には駐車場がある
・横谷観音方面へは路線バスもある(本数少ない)

観光協会の係員さんの話では、路線バスに乗って横谷観音まで行って、そこから観光協会方面へ遊歩道を歩いて戻ってくるのがベストのようだ。

これからだと、15:33のバスになるので、途中で日が暮れそうだし無理そう。今回は、乙女の滝、霧降の滝、御射鹿池だけ見学する事にする。

散策開始

 

f:id:kmai1969:20191126211258j:plain

 

横谷峡も紅葉の名所なので、平日だが観光客がたくさんいた。遊歩道の先に横谷温泉旅館があるので、狭い道なのに観光バスも通る。

まずは、乙女滝。

名前は乙女滝なのに、豪快に水が噴き出していた。写真右下にも写っているが、マイナスイオン表示があった。乙女滝は20000個/cm3のようだ。

 

f:id:kmai1969:20191126211347j:plain

 

乙女滝は、遊歩道脇から階段を下りた場所にあるので、帰りは階段を上らなくてならないので、高齢の観光客にはキツイかも。

 

f:id:kmai1969:20191126211604j:plain

 

遊歩道まで戻り、先へ進むと、横谷温泉旅館。団体客用の大型バスが何台か停まっていた。日帰り入浴客用の駐車場も満車だったので、浴場は大混雑なのだろうか。

 

f:id:kmai1969:20191126211719j:plain

 

山は思ったほど色付いていないが、この辺りは、モミジが紅く染まって非常に綺麗だった。写真撮っている人も多かった。

 

f:id:kmai1969:20191126211917j:plain

f:id:kmai1969:20191126211937j:plain

f:id:kmai1969:20191126212003j:plain

 

しばらく歩くと、霧降の滝。

 

f:id:kmai1969:20191126212058j:plain

 

段差の手前で川の流れが2本に分岐し、岩の両端に滝が出来ていた。落差は大きくなく、飛沫が飛び散るほどでもなかった。しかし、マイナスイオンは20000個/cm3と乙女滝と同レベルだった。

ここで、遊歩道を引き返す。

今度は、車で御射鹿池へ。

御射鹿池への道は、道幅は広いが、急坂、急カーブで運転は少々緊張した。道路沿いに大きな駐車場が整備されていたが、それでも、ほぼ満車だった。

 

f:id:kmai1969:20191126212210j:plain

 

御射鹿池は、農業用のため池で「ため池百選」にも選ばれてるようだ。水質は酸性のため魚は生息できず、そのことから透明度は高いらしい。

さすがは紅葉の絶景スポット、カメラ好きの人が歩道沿いにズラッと三脚立てて並んでた。水面が波立ってないので、山が水面に写り、さぞいい写真が撮れたんだろうな。

 

f:id:kmai1969:20191126212301j:plain

f:id:kmai1969:20191126212318j:plain

 

池の周囲はカラマツ林で、ピーク時は赤く染まるらしい。そういう意味では、紅葉のピークはもう少し先のようだが、黄色でも十分綺麗だったと思う。

御射鹿池は、東山魁夷画伯の「緑響く」のモチーフにもなっているので、紅葉以外の時期に来ても、人も少ないだろうし幻想的でいいかもしれない。


最後に、おしどり隠しの滝へ。


御射鹿池から歩いていけるようなので行ってみる。明治温泉の近くにある。ここも、紅葉の撮影ポイントみたいで、三脚に一眼レフの人が4人ほどいた。

 

f:id:kmai1969:20191126212430j:plain

 

見た感じ三段連続の滝で、なかなか見事な滝だった。マイナスイオンは15000個/cm3。後でネットを調べると、 チャツボミゴケが群生しているようだ。コケの事は全く気に留めてなかったな、残念。

 

ここで引き返す。

 

16:11 御射鹿池出発

 

暗くなる前に、白樺湖へ向かう。

 

苗名滝

f:id:kmai1969:20191122184948j:plain

 

13:13 苗名滝到着

こちらは、団体客が多かった。 苗名滝までの道は広く、勾配もきつくない。しかも、駐車場も広いので、観光バスで来るのも容易なためだろう。

 

名前の由来は、その昔、苗名滝が地震滝と呼ばれていて、古語辞典では地震なえと読まれていたことによるようだ。

 

さすがに、地震滝は大袈裟でしょ~

 

という事で、いざ遊歩道へ。(^_^)/

 

少し歩くと、人工滝がある。

 

f:id:kmai1969:20191122185827j:plain

 

こちらは、関川1号砂防えん提。平成7年7月11~12日の豪雨で周辺に大きな被害が発生したのが原因で工事が始まり、平成16年に完成したようだ。

立派な構造物だな

自然環境と調和させるため、外観を擬石模様にしたり、イワナやヤマメが移動できるように階段式魚道を整備したりといろいろ工夫が施されている。

途中、小林一茶の歌碑があった。

 

f:id:kmai1969:20191122185919j:plain

 

「 瀧けぶり 側で見てさえ 花の雲」

瀧けぶり=滝のしぶき?、側で見てさえ=近くで見てさえ?花の雲=??とにかく、小林一茶も、苗名滝を見て感動し、この句を詠んだのだろう。

さらに歩くと、吊り橋に到着。

ここが、滝の撮影ポイントのようだ。橋の上は団体客でゴッタ返していて、揺れるので写真が撮りにくい。

 

f:id:kmai1969:20191122190037j:plain

f:id:kmai1969:20191122190021j:plain

f:id:kmai1969:20191122190056j:plain


ゴォーと落下音をあげる苗名滝は迫力満点だった。惣滝と違って、結構幅もあるので水量も多く、滝壺からはかなり水しぶきが上がっていた。

地震滝、大袈裟ではなかったかも、、

 

案内板によると、二の滝、三の滝、四の滝もあるらしい。今は歩道が通行不可で行けないみたい。

ということで、ここで引き返す。

この迫力ある滝を至近距離から鑑賞できる訳だから、団体ツアーの訪問地になるわな。滝までの遊歩道もそれほど長くなかったし。

車に戻り、休憩していると、空に晴れ間が出てきた。ホテルへ向かう前に、いもり池に寄ってみよう。

 

14:54 苗名滝出発

いもり池

f:id:kmai1969:20191120180537j:plain

 

 12:13 いもり池到着

 

妙高高原ビジターセンター ⇒ 公式HP

 

予想どおり妙高山の山頂は雲の中。

 

f:id:kmai1969:20191120181606j:plain

f:id:kmai1969:20191120181550j:plain

 

名前の由来は、 その名のとおり昔イモリが沢山いたからのようだ。周囲500mほどの小さな池。遊歩道が整備されているので、ウォーキングするのに丁度いい。

 

f:id:kmai1969:20191120181827j:plain

f:id:kmai1969:20191120181904j:plain

 

紅葉は少し早かったのかな。モミジも青葉が多いし、周囲の木々もあまり色づいていなかった。

 

食べ放題発見

 

f:id:kmai1969:20191120182220j:plain

 

お蕎麦、天ぷら、お惣菜が食べ放題で1590円。そば御膳が1290円なので、かなりお得だと思う。チャレンジしたかったが、夕食がバイキングなので無謀と判断し断念。

 

f:id:kmai1969:20191120182840j:plain

 

ハロウィンの飾りも。

 

f:id:kmai1969:20191120182949j:plain

 

苗名滝を見学後、ホテルへ向かう前に再度いもり池に寄ってみた。青空は広がってきているものの、妙高山の山頂は依然雲の中。(´-ω-`)

 

翌朝は文句ない晴れ。ホテルから妙高山を見ると、雲はかかっていない。急いで、いもり池へ向かうw

 

f:id:kmai1969:20191120183359j:plain

 

v(^。^)v

 

いもり池周辺の湿地では、4~5月にミズバショウの花が咲くらしいので、その頃また再訪したいなと思う。

大田切渓谷、惣滝

7:30 起床

雨は上がって、赤倉温泉は晴れて青空が広がっている。しかし、山の上は雲がかかっている。最初に行く大田切渓谷は、赤倉温泉より標高が高い場所なので心配だ。宿の朝食を頂いて、いざ出発。

9:20 ホテル出発

大田切渓谷へは、県道39号を経由する方が近いが、途中通行止めとなっている箇所があるため、県道396号経由で向かう。温泉街を出ると、狭くて急な道となる。

 

f:id:kmai1969:20191119180522j:plain

f:id:kmai1969:20191119180735j:plain

f:id:kmai1969:20191119180848j:plain

 

道幅が広くなった所で車を停め、写真撮影。標高が高いためか、紅葉がすごく綺麗だった。 少し先には滝もあった。不動滝という名前らしい。

さらに進むと、関温泉手前から県道39号へ。こちらは、急勾配ながらセンターラインもあって走りやすかった。

10:05 燕温泉駐車場到着

 

f:id:kmai1969:20191119180918j:plain

 

荷物をリュックに詰め、温泉街へ。大田切渓谷は、温泉街を抜けた所にある。 温泉街を抜けると分岐、右は大田切渓谷、左は黄金の湯、惣滝。まず、大田切渓谷を見学。

いざ、遊歩道へ。(^_^)/

 

f:id:kmai1969:20191119181010j:plain

f:id:kmai1969:20191119181040j:plain

f:id:kmai1969:20191119181138j:plain

f:id:kmai1969:20191119181151j:plain

 

山一面が黄と橙

いや~、見事な紅葉だな。上の方がガスってるのは残念だが、日が当たらない分、濃い黄と橙なので、それはそれで綺麗で良かった。途中、細い滝もあった。後日ネットで調べたらそうめん滝と言うらしい。細いもんなw

妙仙橋まで行き、引き返す。

次は、惣滝。

f:id:kmai1969:20191119181403j:plain

f:id:kmai1969:20191119181332j:plain

 

こちらの遊歩道は、かなり急な坂で疲れた。途中に黄金の湯がある。無料の露天風呂で、一応囲いがあり周囲から丸見えではない。脱衣所もある。今日は時間がないので入らないが、後日チャレンジしたい。

階段を上りきった所に、惣滝展望台。

綺麗!(*‘∀‘)

V字に窪んだ山肌の紅葉、その奥にむき出しの岩肌を落下する惣滝、美しい。しかし、展望台からかなり離れた場所に滝はあるので、迫力がイマイチ感じられなかったのは残念だ。

 

f:id:kmai1969:20191119181603j:plain

 

こちらも、後日ネットで調べて分かったのだが、先ほど引き返した妙仙橋より先の道を歩いていくと、惣滝の滝壺まで辿り着くようだ。危険そうだが。

 

予想以上の満足度

 

次の目的地、いもり池へ。

高瀬渓谷

f:id:kmai1969:20191111171237j:plain

 

7:30 起床

朝食はないので、身支度を済ませてホテル周辺を散歩。今日は雨、外は肌寒い。昨日散歩時は暗くてよく見えなかったが、この辺りもかなり紅葉している。

9:02 ホテル出発
10:26 大町ダム到着

 

f:id:kmai1969:20191111171357j:plain

f:id:kmai1969:20191111171540j:plain

f:id:kmai1969:20191111171637j:plain

 

大町ダムは、信濃川水系高瀬川に建設されたダム。高さ107メートルの重力式コンクリートダム。大町ダムにより堰き止められて出来たのが龍神湖だ。

 

色づきはまあまあ

 

黄色と緑の斑模様みたいで綺麗。もう少し黄色くなると思うので、ピークはまだ先って感じだった。

 

f:id:kmai1969:20191111172504j:plain

f:id:kmai1969:20191111172523j:plain

 

大町ダムを過ぎると、道路は本格的な山道になり勾配も急になる。しかし、道幅は広い箇所が多く、運転時に不安を感じる箇所は少なかった。

標高が上がるにつれ、だんだん黄色が多くなっていき、とても綺麗だった。時々、車を停めて写真撮影もした。

10:54 大町ダム出発
11:18 七倉山荘到着

 

f:id:kmai1969:20191111172759j:plain

f:id:kmai1969:20191111172838j:plain

 

山はほぼ黄、橙

こちらの紅葉は、ほぼピークと思う。雨は降っていたが、傘もささず歩く。駐車場より少し先にゲートがあり、一般車は通行禁止。この先はタクシーか徒歩との事。ちなみに、タクシー代は約2200円だとか。

係員さんによると、上流にある高瀬ダムまで徒歩だと往復3時間。行って戻ってきたら15時くらい。今日は赤倉温泉まで行く予定なので、他は何も出来なくなる。雨も降っているし、今回は諦めて、後日リベンジする事にする。

 

f:id:kmai1969:20191111173229j:plain

f:id:kmai1969:20191111173430j:plain

 

朝食を食べていないので、かなりお腹も減ってきた。七倉山荘で早めの昼食とする。注文したのは、

数量限定 きのこ豚汁定食

お腹もいっぱいになったし、次は温泉へ入ろう。高瀬渓谷にある葛温泉は、仙人閣、高瀬館、かじかと3軒の温泉宿があり、いずれも日帰り入浴可能。今回は、「日本秘湯を守る会」会員でもある仙人閣にする。

12:05 七倉山荘出発

平日で車も少ないので、のんびり車を走行していると、道路に野生の猿が出現。野生動物を見るのは久しぶりかも。思わずパチリ。

 

f:id:kmai1969:20191111173610j:plain

f:id:kmai1969:20191111173651j:plain

 

仙人閣だが、駐車場には2台ほど車があったが、ぼく以外に客はいなかった。料金を支払い、いざ浴場へ。

日帰り入浴料金 700円
男女別
内湯 1
半露天(後で壁と屋根を増設した感じ) 1
露天 2

露天風呂のうち1つは、しきりはあるが、奥の方は男女つながっている。もともとは混浴だったのかもしれない。雨は降っていたが、紅葉を見ながら露天風呂に入っていた。結局、ぼくの入浴中誰も来ず、貸切状態だった。

14:40 仙人閣出発

 

f:id:kmai1969:20191111173940j:plain

f:id:kmai1969:20191111173852j:plain

 

大町ダム横の急坂を降りた所に公園があり、ここでまた野生の猿に遭遇。 今度はデジカメでバッチリその姿を写真に撮れたw

 

天気が悪かったのは残念だったが、七倉山荘付近ではほぼピークの紅葉を見る事ができて本当よかった。後日再訪して、今度は高瀬ダムまで行ってみたい。